ヨクミタラホクロゲ 〜炎の人間ウォッチング〜

            ゆるめのブログはじめました。

  ヨクミタラホクロゲは、だいたい、月曜と木曜くらいに更新です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
『ちょっとイイ話し』
ブログの中では「腕相撲が弱い」とか、「無職で、すぐ小銭をせびりに来る」と、
実の息子に好きなようにコキおろされている私の父ですが、ごく稀にイイ事をします。


どんな事かと言いますと・・・






遡ること7年前、妻が初めての出産を迎えるために、実家のある九州に帰ることになりました。
妊娠8ヶ月目のことです。


東京駅で妻を見送る私。


普段は恐い妻ですが、この時ばかりは瞳にうっすらと涙を浮かべ、愛する夫との別れを惜しんでいました。

そして初めて経験する出産という未知の体験に不安を隠しきれず、とうとう
「恐いよ〜・・・」と泣き出してしまう始末。

無常にも鳴る発車のベル。


妻を突き放すように新幹線へと促す私。


泣きじゃくる妻を車窓に映して、新幹線は九州へ向かって走り出しました。



妻を見送り、これから始まる独身生活をどのように楽しもうか妄想を繰り返している頃、私の携帯電話が鳴りました。
親父からです。


「**ちゃん(妻の名前)は?」

「ああ・・・今出たけど。」

「あっ、そう。じゃっ。(プッ、ツーツー・・・)」


てっきりお土産の明太子をおねだりされる電話だと思っていたので、呆気なく切られて呆然とする私でした。





夕方、小倉に着いた妻から電話がありました。


「あんた知ってたの〜?」

「はぁ?」

妻の問いかけが何を意味するのかが全く分からない。
そんな私の応対を聞くと、妻が説明するように語り始めました。




東京駅を出た後、もう二度と戻れないところへ足を踏み入れてしまったかのような
不安に押し潰されそうな気持ちだったそうです。

泣きながら当分見ることの無い東京の景色を眺めていました。

多摩川を渡ると私達の住む川崎市に入ります。

川崎に入るとNECのビルを避けるように線路は大きくカーブをするため、新幹線は少し減速します。
すると右手に見える私の実家のマンション。


何気なくマンションを眺めていると、実家のある10階に人影が。

親父とお袋でした。


手には父の大好きな明大ラグビー部とダイエーホークスの応援旗。
妻に向かって大きく旗を振っています。

そしてベランダに貼られた手作りの横断幕。

そこには『大丈夫!!がんばれ!!』と。



妻はえらく感動した様子で、そこまで話すと、思い出したように電話口で泣いていました。



「そうか・・・良かったな。がんばれよ。」



両親の粋なサプライズに私も感銘を受け、少しだけ自分の親を誇らしげに思ったものでした。





夜、妻が親父にお礼の電話をしました。

やっぱり明太子はおねだりされたそうです。


人気ブログランキングへ
| 家族 | 03:00 | comments(1) | trackbacks(88) | ↑TOP
『結婚記念日』
今日11月9日は、私達ほくろげ夫婦にとって特別な日。

そう、結婚記念日です。

今から10年前の今日、私達は多くの友人知人に祝福され、晴れて夫婦となりました。




長いようで短かった10年間。




平坦な道のりのようで色々な事があった10年間。




当然、惚れた腫れただけでは越えられないような大きな壁にぶつかる事もありました。

でも、お互いが信頼し、協力することで、幾多の困難を乗り越えることができました。




互いに相手を思いやる気持ち。

互いに相手を認め合う気持ち。



そう、私達夫婦は信頼関係の上に成り立っているのです。
続きを読む >>
| 家族 | 03:00 | comments(6) | trackbacks(15) | ↑TOP
『父を越えた日』
皆さんは、父親を越えた日って覚えていますか?

私の父は今でこそ警備員のアルバイトとして、若いあんちゃん達に敬語を使いながら日銭を稼ぐ生活をしておりますが、昔は、小さな会社の経営者でした。


ある日曜日、家でごろごろしていた父が私の所に寄って来て
「おい!腕相撲やらないか?」と。


考えてみれば父と腕相撲なんて初めての経験。
少しドキドキしながら親父のでっかいくて太い手を握り、試合開始。









…圧勝



『あははは…お前、強いなぁ。も一回やるか…』

…そして再戦









…またしても秒殺









…しかも当時の私は小6




わざと負けてやるにしては早すぎます。
せめて高校ぐらいまでは頑張ってもらわんと。。


それがよっぽど悔しかったんでしょう。
その年の夏、家族で海に行ったときのこと。


続きを読む >>
| 家族 | 16:00 | comments(9) | trackbacks(9) | ↑TOP
『娘が水着に着替えたら』
最近気が付きましたが、娘がプールに通い始めたみたいです。
妻のにしては小さ過ぎる競泳用水着が干してあったので、気付きました。



このピンクの水泳帽も娘の・・・





!?





『何コレ?』





水泳帽に張り付いているワッペンを見て驚きました。

続きを読む >>
| 家族 | 03:00 | comments(10) | trackbacks(1) | ↑TOP
しつこいよ。
回目の              プロポーズ
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
新着コメント
新着トラックバック
みんなが待ってる
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
オススメ♪
nakata.net〈2002〉
nakata.net〈2002〉 (JUGEMレビュー »)
中田 英寿
「ダイアナ・ロス/ライオネル・リッチーの『ENDLESS LOVE』。いつの頃からか忘れてしまったが、とにかくこの曲は大好きだ。ところで、ライオネル・リッチーって誰?」
オススメ♪
愛蔵版 妖怪画談
愛蔵版 妖怪画談 (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
「妖怪というのは目に見えないし、つかみどころがない。愛嬌もあり面白いのだが、形がないので、全部ぼくが作った。」
オススメ♪
ごはん―『突撃!隣の晩ごはん』はあなたに幸福をもたらす!
ごはん―『突撃!隣の晩ごはん』はあなたに幸福をもたらす! (JUGEMレビュー »)
ヨネスケ
「ほめてほめて、ほめちぎって、それで家の人がニッコリすれば、もうこっちのもん。台所だろうが、トイレだろうが、金庫だろうが、どこでも入れる。」
オススメ♪
 (JUGEMレビュー »)

こんなくだらない本読んでる暇があったら、勉強しろ!勉強!!(ほくろげ)